大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

鳩摩羅什

鳩摩羅什

『鳩摩羅什』(小説仏教シリーズ16) 北尾幹雄 第三文明社 1975年
http://blogs.yahoo.co.jp/kojinnbook999/17697624.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E6%91%A9%E7%BE%85%E4%BB%80

仏典を読むと、いつもこの名前にいきつく。単なる翻訳家ではない。注釈書を含めて、大乗仏教を極めた大学者であり仏教家である。僧侶と書かなかったのは、二度の避けられない「破戒」を経験し、僧侶たりえなかった苦渋の人生を歩んだからである。344年 - 413年(又は350年 - 409年) が生没年。生地は亀茲国、没地は長安、師に須利耶蘇摩が、弟子は3,000人とも。高弟として道生・僧肇・慧観・僧叡らがいる。

一度目の破戒は、親類筋の若き女性の破滅(生贄)の瀬戸際に、それを避けんがための究極の選択をしいられたためである。自らの死をもっても、この難局は避けがたい状況下でのことであった。

鳩摩羅什(くまらじゅう、くもらじゅう、サンスクリット:Kumārajīva, कुमारजीव、クマーラジーバ)について、本来は、小乗仏教からいかに大乗仏教に転じたかの思想の転回が語られなくてはならない。また、サンスクリットを中国語に正確に翻訳することが、どんなにかの難行であることかの物語こそハイライトである。それはインド哲学と中国思想、双方を完全に修めた者だけがなしうる偉業であった。

二度目の破戒は、鳩摩羅什の貴種を残すべく、美女を側近におき子孫を残すことを希求したスポンサーたる国王の切なる要請からであった。もちろん一切、手はつけなかったとのこと。諸葛孔明さながらの軍師としての逸話もあり、果たしてどこまでが史実で、どこからが英雄譚であるかはわからないが、厳然として、厖大な、かつ秀逸なる翻訳本、注釈本がある以上、下世話な詮索そのものが不要だろう。


(参考)聖徳太子について(4)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-38.html

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/451-1cf0f349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad