大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

インド哲学

ヴェーダ

『インド思想史』 早島鏡正, 高崎直道, 前田専学他 1982年 東京大学出版会 を読んでいる。
http://www.utp.or.jp/bd/4-13-012015-8.html

本書は、「哲学と宗教とがあい伴ったインド思想を概説する.『リグ・ヴェーダ』に始まり,仏教とジャイナ教がおこり,ヒンドゥー教を生んで後,中世にイスラーム教の浸透を受けて近―現代へ.主要な選文を引きながら,この重層した流れを紹介.参考文献,年表,地図.」(上記引用)といった内容。非常によくまとまっており座右の参考書として好適。

しかし、インド哲学の燎原は遠く広い。まず、ウィキペディアから「ヴェーダ」についての引用。


「ヴェーダ(梵: वेद 、Veda)とは、紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで編纂された一連の宗教文書の総称。「ヴェーダ」とは、元々「知識」の意である。
バラモン教の聖典で、バラモン教を起源として後世成立したいわゆるヴェーダの宗教群にも多大な影響を与えている。長い時間をかけて口述や議論を受けて来たものが後世になって書き留められ、記録されたものである。…

広義でのヴェーダは、分野として以下の4部に分類される。

●サンヒター(本集):中心的な部分で、マントラ(讃歌、歌詞、祭詞、呪詞)により構成される。
●ブラーフマナ(祭儀書、梵書):紀元前800年頃を中心に成立。散文形式で書かれている。祭式の手順や神学的意味を説明。
●アーラニヤカ(森林書):人里離れた森林で語られる秘技。祭式の説明と哲学的な説明。内容としてブラーフマナとウパニシャッドの中間的な位置。最新層は最古のウパニシャッドの散文につながる。
●ウパニシャッド(奥義書):哲学的な部分。インド哲学の源流でもある。紀元前500年頃を中心に成立。1つのヴェーダに複数のウパニシャッドが含まれ、それぞれに名前が付いている。他にヴェーダに含まれていないウパニシャッドも存在する。ヴェーダーンタとも呼ばれるが、これは「ヴェーダの最後」の意味。・・・」


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%80

釈迦が紀元前600年頃から紀元前500年頃の人とすれば、それ以前の長い歴史をヴェーダ哲学はもっている。むしろ、考え方次第では、ヴェーダ哲学の沃野から仏教という良質な生産物が生まれたと言えるかもしれない。
後世の密教をみると、この源流のもつ意味を少しは理解できる。まず、サンヒター(本集)のマントラについては以下に記した。


◆空海と密教美術展 空海について考える6 <真言>+<陀羅尼>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-256.html

次にブラーフマナ(祭儀書、梵書)については、密教の体系性と秘儀に関して、同じく以下に記した。

◆空海と密教美術展 空海について考える2 十住心論の体系
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-252.html

3番目のアーラニヤカ(森林書)は、ヒンドゥー教では大きな意味がある。青年期まで学び、壮年期まで働き、老年期には森に入って瞑想するという人生の階梯論が底流にあり、森の隠者には深い学識と経験となにより悟りにいたる達観がある、といった見方である。

ウパニシャッド(奥義書)は核心的な部分である。ふたたび、ウィキペディアからの引用。

「ウパニシャッドの中心は、ブラフマン(宇宙我)とアートマン(個人我)の本質的一致(梵我一如)の思想である。ただし、宇宙我は個人我の総和ではなく、自ら常恒不変に厳存しつつ、しかも無数の個人我として現れるものと考えられたとされる」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%91%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%89

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/458-064299ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad