大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

鎌倉の大仏 傷み具合の調査が進む

鎌倉大仏2

鎌倉の大仏については以前にも書いたと思うが、鋳造時期が特定されていないこと、また、当初は堂宇の内にあったが、地震倒壊ないし津波で流出してしまったことが知られている。国宝であり多くの海外からの賓客も拝顔する貴重な文化財である。本来、大仏殿をつくりそこに保存することが必要であると思っている。今回の調査が、そうした動きにつながっていけば良いのにと考える。

【以下は引用】
鎌倉の大仏 傷み具合の調査が進む
1月29日 4時31分 NHK配信

傷み具合の調査のため拝観ができなくなっている、神奈川県鎌倉市の大仏では、28日、調査の様子が報道関係者に公開されました。
鎌倉時代に鋳造され、国宝に指定されている大仏は、汚れやさびが目立つため、今月13日から傷み具合を調べる調査や清掃作業が行われていて、2か月間にわたって拝観することができなくなっています。
28日は調査の様子が報道関係者に公開され、およそ13メートルある大仏の頭まで何段にも組まれた足場の上では、専門家が、頭部にあるひび割れや汚れを撮影したり、専用の装置を使って表面のさびの成分などを調べていました。
鎌倉の大仏が拝観できなくなるのは、昭和34年から36年にかけて行われた「昭和の大修理」以来、55年ぶりのことです。
調査に当たっている東京文化財研究所保存修復科学センターの森井順之主任研究員は、「仏像を近くで見ると、遠くでは見えない亀裂が確認できた。これまでの調査ではすぐに壊れるようなぜい弱な部分は見つかっていないが、今後明らかになれば、修理の是非を検討してもらいたい」と話していました。
作業はことし3月10日まで行われ、作業の一部は境内に設置されたモニターで見ることができます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160129/k10010389731000.html

鎌倉大仏修理
鎌倉大仏

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/462-73d3a980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad