大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

目指せ「クローン仏像」 富山、制作中の釈迦三尊像公開

法隆寺釈迦三尊N1

タイトルを含めて面白い記事。以下は引用。
ーーーーーーーーーーーーーーー
 奈良・法隆寺の国宝「釈迦(しゃか)三尊像」の再現に取り組む富山県の高岡、南砺両市などは21日、制作中の仏像を高岡市で公開した。伝統の鋳物と木彫り技術を用いて、単なるレプリカではなく、同じ成分の素材を使った「クローン仏像」を目指している。実現すれば門外不出の文化財でもクローンを世界各地で展示でき、手触りまで楽しめる。

 この日は、鋳造を終えた中央の釈迦如来(高さ87.5センチ)と両脇の脇侍と呼ばれる立像や木製の台座などを組み立て前の状態で披露。東京芸大で表面の仕上げをし、秋ごろに完成させ、2016年度中に公開する予定という。

 再現仏像は、東京芸大が法隆寺の釈迦三尊像から3次元データや成分データを取得。3Dプリンターで型をつくり、高岡の鋳物業者が約2カ月かけて鋳造した。ヒノキとクスノキでできた台座部分は、精密な浮き彫り技術で知られる南砺市の井波彫刻の職人が彫った。

 高岡市は鋳物作りに400年以上の歴史を持ち、再現事業に計4500万円を計上、「プロジェクトをきっかけに、国内外で鋳物技術を売り込みたい」と意気込む。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H3T_R20C16A3000000/

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/468-1a0d8a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad