大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

韓国と日本の半跏思惟像が出会う

日韓半跏思惟像7
左から、6世紀に朝鮮半島で作られた国宝78号金銅半跏思惟像と、日本の国宝で7世紀に作られた奈良の中宮寺の木造半跏思惟像=キム・ソングァン記者//ハンギョレ新聞社

とても注目される展示会が開かれる。まずは、関連記事の引用から。

【以下は韓国側記事から引用】

韓国と日本の半跏思惟像が出会う

韓国と日本の古代美術を代表する半跏思惟像2点が、史上初めて出会った。 6世紀に朝鮮半島で作られた国宝78号の金銅半跏思惟像と、日本の国宝で7世紀に作られた奈良中宮寺の木造半跏思惟像が23日、ソウル龍山(ヨンサン)の国立中央博物館企画展示室で互いに向かい合う形で公開された。

韓日修交50周年を記念して24日から開かれる「韓日国宝、半跏思惟像の出会い」展で披露される二つの仏像は、神秘的な微笑を浮かべ思索に浸る姿を見せた。 素材が異なるだけに、表情の印象もそれぞれ独特だ。 二つとも思索する悉達多(シッタルタ)太子の姿を形象化した半跏像だが、子供のような表情に曲がった身体と指の描写が秀逸な国宝78号像と、鈍く黒光りする双髷とうすい目元が印象的な中宮寺の像は、造形的に際だった差異を見せた。

京都の広隆寺仏像と共に日本の半跏思惟像の名作に挙げられる中宮寺の像の海外展示は今回が初めてだ。 展示は6月12日までの3週間、休館日なしで続く。 6月21日~7月10日は東京の国立博物館本館へ場所を移して披露される予定だ。

ノ・ヒョンソク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
韓国語原文入力:2016-05-23 21:05

1400年の時を経て一堂に会した韓日の至宝

広さ80坪(約260平方メートル)の展示場は暗く、2体の仏像だけに光が当てられている。そっと目を伏せて物思いにふける2体の半跏思惟(はんかしゆい)像が、10メートルの距離で向かい合っている。韓国の国宝第78号「金銅半跏思惟像」と日本の国宝「奈良中宮寺・木造菩薩(ぼさつ)半跏像」。韓国と日本の古代仏教彫刻を代表する2体の半跏像が、1400年の時を経て初めて一堂に会した。

韓国国立中央博物館(李栄勲〈イ・ヨンフン〉館長)企画展示室で24日から始まる特別展「韓日国宝半跏思惟像の出会い」は、この2体の仏像だけのために企画された展示だ。韓国の国宝第78号は、西暦6世紀に作られた三国時代を代表する仏像で、中宮寺木造菩薩半跏像は7世紀の飛鳥時代を代表するもの。どちらの仏像も、当時流行した弥勒信仰に基づいて作られた半跏思惟像の名品だが、材質や大きさ、細部の表現などは明らかに異なる。

まず材質。韓国の国宝78号は金銅で鋳造された。華麗な宝冠や装身具、美しく流れ下るような天衣の裾、S字のしわが寄った着衣後面の表現などが際立っている。金銅を一定の厚みで鋳造できた当時最先端の鋳造技術が、優れた造形と調和を実現した。一方、中宮寺木造菩薩半跏像は、クスノキを削って作られた。11個のクスノキの部材を組み立てるという手法を採り、よく見ると接合部の線が分かる。中宮寺の仏像が国宝78号より暗めに展示してある理由も、材質の差にある。同博物館のクォン・ガンミ学芸研究士は「中宮寺像は温度・湿度の変化に弱い木造なので、日本側から『100ルクス以下で展示してほしい』と要請された。韓国の国宝78号は、それよりやや明るく展示した」と語った。

高さは、中宮寺像の方が国宝78号の2倍以上もある。国宝78号は82センチ、中宮寺像は167.6センチ。ミン・ビョンチャン学芸研究室長は「国宝78号は小さいが、ラインが軽快で力がある。一方で中宮寺像は、丸くて柔らかさがある。中宮寺像は、見たところ顔の表情が表れていないけれど、眺め続けていると温和なほほ笑みが見える、というところに日本人特有の性質がうかがわれる」と語った。

今回の展示を推進してきた大橋一章・早稲田大学名誉教授は「『双子の仏像』と呼ばれる韓国の国宝83号半跏思惟像と日本の広隆寺・木造弥勒菩薩半跏像が一緒に展示されたらよかったのだが、広隆寺像は新羅で作られた仏像なので、韓日両国を代表する半跏像を比較・鑑賞するという趣旨には今回の2体の方が合っている」と語った。展示は6月12日まで。韓国国立中央博物館での展示終了後は、日本の東京国立博物館に移り、6月21日から7月10日まで展示される。

許允僖(ホ・ユンヒ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

【萬物相】韓国と日本の半跏思惟像

日本人はその仏像を「絶対秘仏」と呼ぶ。長野県の善光寺にある高さ40センチを少し上回る三尊仏のことだ。6世紀に百済が日本に仏教を伝える際、信仰の象徴として送られたもので、日本では最も古い仏像だ。善光寺は6年に1度、この仏像を一般に公開する。「仏像に触れば願いがかなう」という信仰もあることから、日本中から信者が訪れる。しかし彼らが実際に触ることができるのは、金堂の中に安置された仏像と長い糸でつながった庭の柱だけだ。それでも多くの人たちが柱を抱いて祈っている。その様子はまさに壮観だ。

奈良県の法隆寺にある百済観音像も1000年以上にわたり保存されている。2メートル以上の8頭身に、指先まで細かく再現した職人の繊細な腕前を目の当たりにすると「百済の美」を改めて思い起こす。日本はこの仏像を「くだらかんのん」と呼ぶが、それでも「日本の美学の精髄」として世界に誇っている。同じ法隆寺の金堂釈迦(しゃか)三尊像も日本が誇る国宝だ。7世紀に作られたものだが、背面には「止利」という制作者の名前が刻まれている。韓半島(朝鮮半島)から渡ってきた職人の子孫とされている。

奈良県は日本における古代史の中心地だ。古代の前半期に当たる飛鳥時代は韓半島の文明を受け入れ、国が大きく発展した時期だった。飛鳥地域を実際に歩けば、古代の韓国人が伝えた芸術の魂を実感することができる。中には韓国の慶州や扶余よりも多くの遺跡が残る所もある。東北アジアの奥地で、なおかつ外国からの侵略や略奪を逃れることができたからだろう。またこれらをしっかりと管理し保存してきた日本の貢献も否定できない。

昨日、奈良県の中宮寺に所蔵されている半跏思惟(はんかしゆい)像が、韓国の半跏思惟像と共に国立中央博物館に展示された。これも飛鳥時代の作品だ。法隆寺の百済観音像と同じく木造であるにもかかわらず、1000年以上保存されている。今回、海を越えて自らの源流と向かい合ったわけだが、像の仏様もにっこりと笑みを浮かべたのではないだろうか。日本の文化財といえば、日本の略奪行為や収奪をまずは思い浮かべる。そのため今回の展示は一層新鮮で喜ばしいものだった。

日本の古代史は飛鳥時代を経て平安時代へと続く。奈良から京都まで歴史の現場を実際に歩くと、韓半島文明の影響が急速に弱まることが分かる。外来文化を昇華し、輝かしい独自の文化を創り上げるプロセスは、日本の古代も韓国と共通している。中宮寺半跏思惟像は、日本がこのように自立していく文化史のどこかに位置しているはずだ。今回の展示が、開かれた心で韓日両国交流の歴史を見つめ直す前向きな機会になることを期待したい。

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/745094.html 訳J.S(682字)

日韓半跏思惟像4

【以下は日本側記事から引用】

日韓の国宝の仏像そろって展示 ソウルで開催へ:NHK

日本と韓国の仏教を通じた交流の歴史を物語る両国の国宝の仏像をそろって特別に展示する初めての催しが、24日からソウルで開かれます。

この特別展は、日本と韓国が国交正常化して去年で50年を迎えたことを記念し、東京国立博物館と韓国の国立中央博物館が中心となって24日からソウルで開くもので、これを前に23日、内外のメディアに公開されました。
会場には、日本で7世紀に作られた奈良県の中宮寺の本尊である国宝の「菩薩半跏思惟像」と、韓国で6世紀に作られた韓国の国宝「金銅半跏思惟像」が、向かい合う形で展示されています。

いずれの仏像も、台座に腰掛けて右足を左の膝の上に組み、右手の指をほおに添えて物思いにふける姿を表現しており、その様式はインドから中国へ、そして朝鮮半島を経て日本へと伝わったとされ、仏教を通じた両国の交流の歴史を物語っています。
ソウルで記者会見した東京国立博物館の銭谷眞美館長は「日韓の至宝が出会うこの機会が両国の友好と絆を深める機会となってほしい。一人でも多くの人に見ていただきたい」と述べました。
この催しは、ソウルの国立中央博物館で来月12日まで開催されたあと、東京国立博物館でも、来月21日から7月10日まで開かれることになっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160523/k10010531931000.html (動画あり)

日韓の「ほほえみ仏像」、初の共同展示 ともに国宝指定:朝日新聞

日韓でそれぞれ国宝に指定されている仏像「半跏思惟像(はんかしゆいぞう)」を1体ずつ共同で展示する特別展が24日、ソウルの国立中央博物館で始まる。ほほえみを浮かべているような日韓の仏像の美を通して、文化交流を深めるのがねらい。日本では6月21日から7月10日まで東京国立博物館で展示される。

特別展は韓国の国立中央博物館と東京国立博物館などが主催。主催者側によると、半跏思惟像は、左足を下げ、右足をそのひざの上に組んで座り、右手をほおに添えて物思いにふける仏像をいう。インドから中国、朝鮮半島をへて、日本に伝わり、日本や朝鮮半島では、6~8世紀に多数作られたとされる。

今回展示される日本側の半跏思惟像は中宮寺門跡(奈良県)に伝わる国宝で、海外で公開されるのは初めて。韓国側は国立中央博物館が所蔵し、国宝として広く親しまれているという。この2体の仏像が一緒に展示されるのは初めて。

23日は特別展の開幕に先立ってメディアに公開され、韓国の李栄勲(イヨンフン)・国立中央博物館長が「(2体の仏像が展示されるのは)歴史的な出会いであり、韓日文化交流に新たな転機となる」とあいさつした。銭谷真美・東京国立博物館長も「両国の交流の結実とも言える2体の仏像が大切に守り伝えられ、展示されるのは日韓両国の歴史と意義を象徴している」と語った。(ソウル=東岡徹)

国宝仏像前に献茶式=日韓2体の同時展示開催-韓国:時事通信

【ソウル時事】日韓両国で国宝の半跏思惟像2体を同時展示する特別展が24日から、ソウルの国立中央博物館での展示を皮切りに開かれる。23日には開眼供養と献茶式が行われた。
半跏思惟像は右足を左足の膝の上に組み、右手を頬にあてて思案する姿の仏像。インドから伝わり、日本や朝鮮半島では6~8世紀に制作が始まったという。日本からは中宮寺(奈良県斑鳩町)の像が出品された。国外で初の展示となる。

23日には開会式とともに中宮寺や韓国の尼僧による開眼供養、茶道・裏千家の千玄室大宗匠による献茶式が行われた。森喜朗元首相と別所浩郎駐韓大使も参加した。
特別展はソウルで24日~6月12日、東京国立博物館(上野)で6月21日~7月10日まで開かれる。同館の銭谷真美館長は「友好と絆を深める一助になれば」と話した。(2016/05/23-19:31)

日韓半跏思惟像3
日韓半跏思惟像2

日韓半跏思惟像5

中国の日韓融和をやっかむような報道も記憶のために添付しておく。政治が優先し、本来の文化を語れない気の毒な国だと思う。

【以下は中国側記事から引用】

日韓の国宝・半跏思惟像が初めて一堂に=韓国ネットは対抗心「韓国の方が高級感がある」「偽物がオリジナルを超えることはできない」

2016年5月23日、韓国の国立中央博物館は、24日からの特別展「韓日の国宝・半跏思惟(はんかしゆい)像の出会い」開催に先立ち、同展の目玉となる日韓の半跏思惟像を報道陣などに公開した。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

この特別展は、日韓の国交正常化50周年を機に同館と東京国立博物館が共同企画したもの。韓国の国宝第78号の「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」(6世紀、国立中央博物館蔵)と、日本の国宝「木造菩薩半跏像」(7世紀、奈良・中宮寺門跡蔵)が初めて同時に展示される。中宮寺の半跏像が国外で展示されるのはこれが初めてだ。

韓国・中央博物館の李栄勲(イ・ヨンフン)館長は同展について「両国の半跏思惟像が製作されてから約1400年を経て会す」機会と紹介、また今回の展示を通じて「古代東アジアの文化交流がどのように展開したかを想像し、似ていながらも異なる韓日両国の古代文化を比較することができる」と述べた。

6月12日まで開催の同展終了後、2体は東京国立博物館で6月21日から7月10日の会期で開催される特別展「ほほえみの御仏 二つの半跏思惟像」で展示される。

この報道に、韓国のネットユーザーからは日本への対抗意識を示すコメントが多数寄せられた。

「広隆寺(京都)の弥勒菩薩像(日本の国宝第1号)が来たのかと思ったよ」
「日本は国宝第1号の仏像を持って来ればいいじゃないか。盗んで行ったのがばれそうだから持って来ないのかな?」

「こういう物を見るに、韓国が古くから日本に文化をたくさん伝授し、あれこれしてあげたことが分かる。なのに日本人は恩をあだで返してきたんだ」
「本物と偽物では与える感動からして違う」
「日本の方はターミネーターみたい」

「わあ、韓国の方がはるかに美しくて高級感がある」
「芸術的にも技術的にも、比べ物にならないほど韓国の方が優れている。偽物がオリジナルを超えることはできない。それに、金銅製と木製というところからも、当時の技術力が比較にならなかったことが分かる」

「昔も今も、韓中日の中では韓国特有の優雅さが際立っている。曲線美では韓国にかなわないだろう」
「こういうことで慰安婦問題をこっそりやり過ごそうとするな!。おばあさんたちがしっかり見ているぞ」(翻訳・編集/吉金)
http://www.recordchina.co.jp/a139477.html
ーーーーーーーーー
自国のインターネットを厳しく監視している国が、他国情報には恣意的にネットユーザーの発言を拾う。こうした操作を平気で行い、その愚を改められない限り、中国の先進国としての「品格への道」は遠いと感じる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/476-d2468cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad