大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

ミャンマー地震 仏教遺跡が損壊

ミャンマー バガン 
【以下は引用】
ヨーソー僧院(バガンから車で1時間40分、文化財保護地区に指定されているサレー地区の寺院)
http://www.sara-tour.com/tour/tour_bagan.html
ーーーーーーーーーーー

ミャンマー地震 仏教遺跡が損壊

毎日新聞2016年8月25日 東京夕刊

【ニューデリー金子淳】ミャンマー中部で24日にあったマグニチュード(M)6・8の地震で、ミャンマー情報省は同日夜、震源に近い中部バガンで少なくとも94のパゴダ(仏塔)が損壊したと明らかにした。バガンは世界3大仏教遺跡の一つとされ観光地としても人気が高いだけに、観光産業への影響が出る可能性がある。

 ロイター通信によると、地震では観光客1人も負傷したという。震源地付近では建物の倒壊に巻き込まれるなどして少なくとも4人が死亡している。
http://mainichi.jp/articles/20160825/dde/007/030/036000c

ーーーーーーーーーーーー

ミャンマー地震 ユネスコ専門家が被害受けた仏教遺跡を視察

8月27日 7時11分 NHK

ミャンマー中部を震源とする地震で、大きな被害を受けた世界的な仏教遺跡のバガンに、ユネスコ=国連教育科学文化機関の専門家が入り、軍事政権時代にコンクリートなどを使って遺跡の修復や復元を行ったことが被害を大きくした可能性があるという分析を示しました。

ミャンマー中部を震源に今月24日に発生したマグニチュード6.8の地震では、少なくとも3人が死亡し、世界的な仏教遺跡のバガンも大きな被害を受けました。
これを受けて文化遺産の保護に取り組むユネスコの専門家が、26日午後、現地入りし、被害が深刻だった寺院を視察しました。
専門家は1000年近く前に作られた寺院の基礎部分が、ほぼ無傷な一方で、軍事政権時代に復元された鉄筋コンクリート製の塔が崩れ落ちていることを確認し、当時の遺跡の修復や復元の方法に問題があり、被害を大きくした可能性があるという分析を示しました。
また、損傷した仏塔などの修復や復元についてはまず安全性の確保と慎重な調査が必要だとして、ミャンマー政府への勧告には数か月かかる見通しを示しました。
ミャンマー政府は、かねてよりバガンの世界遺産への登録を目指してきましたが、今後の対応については地震の被害調査やユネスコの勧告を受けて検討するものとみられます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160827/k10010655831000.html

ーーーーーーーーーーーー
ミャンマー地震で崩れ落ちたバガン遺跡

2016 年 8 月 26 日 08:11 JST

ミャンマー中部で24日起きたマグニチュード(M)6.8の地震で、仏教遺跡のバガンが大きな被害を受けた。11世紀から250年にわたって1万を超える仏塔や寺院が建てられ、現在残るのはわずか2200程度だが、多くが地震で損壊した。

http://jp.wsj.com/articles/SB10353882736862073912504582274080133166176

ミャンマー バガン 2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/480-172d11a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad