大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」

櫟野寺9
重要文化財 薬師如来坐像 平安時代・12世紀 滋賀・櫟野寺蔵

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」を見に午前中、東博に行く。天気がよく10月とは思えぬ強い日差しと台風接近もあってかむし暑い。
巨大な十一面観音菩薩坐像(重要文化財)平安時代・10世紀や素朴な地方仏も良かったけれど、なんといっても薬師如来坐像(重要文化財)平安時代・12世紀が素晴らしい。定朝様のなかでも逸品である。
平等院鳳凰堂や法界寺では、これほど間近にて拝顔ができないが、今日の展示は距離が近く十分に堪能した。
地蔵菩薩坐像(重要文化財)平安時代・文治3年(1187)が次に興味深い。作風はいささか異なれども康慶作の静岡瑞林寺地蔵菩薩坐像を連想する。

さて、近江牛のファストフードのコーナーで「焼きしゃぶ+おにぎり」で腹ごしらえをして、13:30から平成館大講堂で、櫟野寺のご住職、三浦密照師による「近江の仏教文化と櫟野寺」を、つづいて滋賀県教育委員会事務局文化財保護課の井上優主幹による「近江の仏教文化『史』と櫟野寺」を15:30まで聴く。井上主幹の話は巧みで厭きさせず、かつ内容豊富で大いに啓発された。その後、もう一度会場に戻り再度拝観して帰る。

(参考)
特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-481.html
櫟野寺4
重要文化財 地蔵菩薩坐像  平安時代・文治3年(1187) 滋賀・櫟野寺蔵

康慶瑞林寺地蔵菩薩
瑞林寺地蔵菩薩像 治承元(1177)年

(参考) 運慶考1 父は偉大だった
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1901969.html

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/483-65bdf35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad