大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

松蔭寺銅製如来坐像 飛鳥後期の作品か

松蔭寺銅製如来坐像
銅造如来坐像(横浜市教育委員会提供)

京都で飛鳥仏発見かのビック・ニュース(下記参照)、一方横浜からも同様な配信あり。日本のモノを大切にする伝統、誇れると思う。

◆京都妙傳寺・半跏思惟像 飛鳥仏の可能性
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-491.html

【以下は引用】
松蔭寺の仏像 市文化財に 市内最古の彫刻

東寺尾の松蔭寺(川上敬之住職)が所有する銅造如来坐像(伝阿弥陀如来像)が、このほど横浜市の文化財に指定された。

 横浜市は、1987年に横浜市文化財保護条例を制定し、重要な価値を持つ市内の文化財や史跡などを指定・登録している。

 銅造如来坐像は、高さ25・3cmの飛鳥時代後期の金銅仏。仏像彫刻としては市内最古で、関東地方でも希少な作例。もともとは松蔭寺が管理していた神奈川区の八幡宮に祀られていたが、明治期の神仏分離で同寺へ移された。「当時は天皇の権威を高めるため、壊された仏像もあったが、苦難を乗り越えた」と同寺の川上敬吾閑栖は話す。

 現在は東京国立博物館へ寄託され、寺内で見ることはできない。川上住職は、「地元で知る人は少ない。実は鶴見にあったと知ってもらえたら」と話している。

http://www.townnews.co.jp/0116/2017/01/12/365306.html 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/493-3bd87075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad