大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

ひょうごの美(み)ほとけ-五国を照らす仏像-

圓龍寺観音立像
兵庫県指定文化財 銅造菩薩立像 (白鳳時代)/朝来市圓龍寺蔵
https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2017-sp1.html

ひょうごの美(み)ほとけ-五国を照らす仏像-

【以下は引用】
兵庫の仏像70体一堂、国重文も 姫路で特別展

兵庫県内の仏像を集めた特別展「ひょうごの美(み)ほとけ-五国を照らす仏像」(神戸新聞社など主催)が22日、姫路市本町の県立歴史博物館で始まった。国の重要文化財など約70体を一堂に披露し、うち半数が展示施設では初公開になる。6月4日まで。

 同館は1984、91年に仏像展を開催。今回は前回の展示以降、新たに確認された仏像も数多く加え、白鳳(はくほう)時代-江戸時代の順に紹介した。

 同市書写の書写山円教寺の「毘沙門天(びしゃもんてん)立像」は展示施設初公開。丹波市山南町の岡本区が管理する「薬師如来坐像(ざぞう)」は本来33年に1度しか開帳されないが、今回特別に公開が実現した。
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201704/0010121655.shtml

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/511-01d0b382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad