大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

飛鳥・白鳳彫刻の魅力(5) 蟹満寺釈迦如来座像

蟹満寺


 昨日、畏友0氏がクルマで観音寺(普賢寺)、蟹満寺、禅定寺、MIHO MUSEUM、関宿を終日案内してくれた。爛漫の春、新緑の山々をめでるとともに多くの仏様に再会、また新たにお会いする意義深い一日だった。しかし、その白眉はなんと言っても蟹満寺釈迦如来座像の拝観であった。

 私は以前から、この「釈迦如来座像」は東大寺盧舎那仏像の原型(のひとつ)ではないかと勝手に考えている。これだけの優れた仏像である。東大寺大仏建立にあたって、作造する仏師がこの仏様を参考にしないこと自体が考えられないと思う。また、当時、この規模の鋳造仏はそう多く存在したとも考えにくい。本来、「釈迦如来座像」であったかどうかはいまはわからないし、螺髪と白毫が失われていることから当初の存在感とは異質の印象を現代のわれわれにあたえていることであろう。


 「当寺は奈良朝以前、秦氏の一族秦和賀によって建立され、後に行基菩薩の関与により民衆のあつい信仰を集めた。
 また今昔物語集巻十六第十六話等数多の古書に創建にまつわる有名な”蟹満寺縁起”が記され、仏教説話として広く世間に紹介されている。
 本堂中央に祭祀されている国宝釈迦如来像は今から一千三百年の昔白鳳時代の名作で金銅座像、八尺八寸(2m67)、重量二千貫(七屯)と称する初唐様式を直模する堂々たる尊像で、しかも殆んど完全に近い原型のまま今日にいたり薄衣を透して美の重量性を発揮した豊満な肉体を刻出して要望は荘重であり端麗である。
 螺髪と白毫をつけず人間味を帯びた相好で親しみを覚える。また手の指間には水掻の如き曼網相を具え生きとし生けるものをすべて悟りの世界へ救い上げるという形相が尊い。(以上蟹満寺発行のリーフレットより)

 蟹満寺は謎の多い寺です。例えば本尊釈迦如来像、都から離れたこの地に何故これだけ大きい立派な仏様が祀られているのでしょうか。奈良の都から運んだ説や山城国分寺の像を移転した説などがありましたが、先年の境内発掘調査で何と90尺×60尺の白鳳時代と思われる大きなお堂らしい建物の基壇が出てきました。その建物の位置は、今の本堂の位置を一番奥として、前と左右に広がっています。ということはその建物で仏様が祀られていたとすれば、現在本尊様のお祀りされている位置とピタリと一致することになります。また今の寺を取り囲むように2.5町×3町の広い回廊跡が出ています。このような結果からすると、この本尊様はこの地にあった大寺院の本尊様として、最初からこの位置にお祀りされていたと考えるのが自然でしょう。ところでこの本尊様と常に比較されるのが、これも制作年代に二説ある奈良の薬師寺本尊ですが、鋳造技法上、蟹満寺の本尊様のほうが少し古いということが判っていますから、蟹満寺の発掘調査の結果は、薬師寺本尊の制作年代の議論にまで影響を与えています。」 http://www.anraku.or.jp/jiin7.htm

 正面から少し距離をおいて見ると、巨大な頭部と相対的には小さい体躯部のバランスが意外と悪くないことに気がつく。拝観する位置によって全体のプロポーションは均整をもっていると感じる。
 側面から、近くに寄り毀損した部分から空洞のなかを覗くと、鋳造の厚さが数ミリと薄手であることに驚く。素晴らしい重量感をもちながら薄氷を踏むような技術的な能力で材料の総量をコントロールしているように思う。7トンといわれた重さは0氏によれば、約2.2トンとの新聞報道があった由である。
 背面は補修や鋳直しのあとが痛々しい。しかし、現在、東京国立博物館に出展されている薬師寺の日光、月光菩薩ほどではないにせよ、十分に視線を意識してつくられているとは思う。
 再度、正面から尊顔を拝する。厳しくも慈悲深いお顔は、火傷のあとであろうか、幾筋かの傷を負っておられることがわかる。ながい風雪に耐えた深みのある表情とでも言えば文飾に聞こえるであろうか。
 この仏様が、当初よりここにおわしたか、いずこからか運ばれてきたかは不詳ながら、現代のわれわれが白鳳期といわれるこうした大きな鋳造仏を目にできること自体、奇跡と言ってよい。感謝、合掌の気持ちとともに仮安置所をあとにする。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/59-3c7a3a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad