大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

保田與重郎  『日本の美術史』 新潮社 1968年

 古書市で見つけて偶然手にとる。立ち読みし、いくつかの強烈なフレーズが眼に入ってきて初版本を購入することにする。読みはじめて、そのとてつもない博識ぶり、破天荒な発想法、世の「常識」を痛罵する論説に驚く。異端の思想家といった先入主はあるが、まず考えさせられたのは、法隆寺金堂壁画焼失の顛末である。
 もともと保田は壁画の薬品加工、模写に反対だった。佐伯定胤法隆寺管長もこの事業には反対されたと言うが、当時、明確に反対を表明したのはこの2名であったと記される。
昭和24年、模写をしていた電気座布団の不始末から失火、それがもとで貴重な壁画は焼失。それを保田は厳しく批判する。そういえば、その惨憺たる消火後の現場に呆然と立ちつくす佐伯管長の横顔の写真を見たことがある。また、最近の高松塚古墳壁画の劣化事件ももしも保田が生きていたら断じて許さなかったろう。
過去から引き継いだ文化遺産はできるだけあるがままに残しておくべきというのが保田の考え方である。日本の文化遺産がこのように多く残っているのは、寺院の栄枯盛衰や戦禍、天災があっても、その時々で名もない民衆が懸命にそれを保全してきたからだ。だから、仏像や仏画を信仰する老若男女が、巡礼で寺院を訪れた場合に、それが貴重な文化財であったとしても、信仰上、それに触れたければそうすればいい、と保田は主張する。それも確かに一理ある。例えば、運慶初期の秀作大日如来を拝観すべく訪れた鄙びた奈良郊外の寺院で、ガラス・ケース越しに見る仏様に言いしれぬ違和感を感じたこともある。

 保田はまた美術研究についても以下のように辛辣に述べている。
 「美術やその歴史を語る上で、様式とか形式といふことを目安にする考へ方は、わが国では、文明開化以前にはなかった。かうした方法の始まりは、近々百年この方美学を芸術学としてつくる時に、凡庸で美のわからぬ分類家が考えへたものである。昭和の初期、私の批評の一つの信念としたことは、文芸に於て、美術に於て、かういう国際的傾向の否定であった。ドイツ風文芸学やまた芸術学では、様式分類しか知らなかったのである」。(p.89、漢字のみ新字体に変更)
 この意見はあまりに極端であるとは思うけれど、岡倉天心の独自の活動を非常に高く評価し、自身も大学ではドイツのヘルダーリンやドイツロマン派のシュレーゲルへ傾倒してきた保田の言説には、強烈な<毒>とともにそれなりの筋金入りの文化人としての主張があるのだろう。実に刺激的な書である。



(参考)
「紙ナケレバ空ニモ書カン ~反動の烙印押され文壇の生贄になった~ 昭和の文壇の巨人・保田興重郎」
http://www.elt-sakurai.net/sjournal/sjournal_top.html 

  「日本浪曼派」の旗手として活躍、戦後は公職追放、不当な文壇な仕打ち、今なお残る偏見にも屈せず文学の信実を求めつづけ、『保田與重郎全集』全45巻に及ぶ膨大な論著を遺した昭和文壇の巨人・保田與重郎は、桜井が生んだ最大の人物である。昭和56年10月4日、71歳でこの世を去った。今年は保田與重郎没後20年にあたる。

 保田與重郎は、明治43年4月15日、父・槌三郎、母・保栄の長男として桜井市桜井780に生れた。生家は現存している。育成幼稚園、桜井尋常小学校、畝傍中学、大阪高等学校から東大に進み、在学中から同人誌「コギト」を創刊、盛んな文筆活動を行った。東大卒業後、亀井勝一郎らと「日本浪曼派」を興しその中心となる。

 昭和11年、処女出版「日本の橋」で池谷信三郎賞を受賞、文壇の地位を確立。以後「戴冠詩人の御一人者」「蒙疆」「御鳥羽院」「和泉式部私抄」 「万葉集の精神」などを著わす。

 このころ日本は、日華事変が深刻化し大東亜戦争に突入していく時期で、古事記、万葉集、延喜式祝詞など古典文学の伝統のもと新しいロマンチシズムを打ち立てようとする保田の著作は当時の若者を魅了し、彼を時代の寵児に仕立て上げていった。

 終戦後、保田は公職追放に処され、文壇からは最も悪質な右翼分子のレッテルを貼られ、発表の場を閉ざされた。戦中は左から右へ、戦後は右から左へと巧みに転向していった多くの便乗文化人を彼は20年後「そのころ私は、他人の卑怯な世渡りを難じたことはない。また多くの者は、私一人を大東亜戦争の重大責任者であるといふ形で葬り、それによって自分らのはかない世渡りを合理づけようとした。」と回顧している。

 しかし、彼は不遇の時期を郷里・桜井で送り、「日本に祈る」に「紙ナケレバ土ニモ書カン」と宣言、「祖国」を創刊して匿名で時評を書いた。この時期のことを「辛抱する。この辛抱といふことが私の戦後20年の接続詞だった」と述べている。 昭和39年「現代畸人伝」で文壇復帰する。以後「大和長谷寺」「日本の美術史」「日本浪曼派の時代」「木丹木母集」「日本の文学史」「山の辺の道」「わが万葉集」などの名著を次々世に出した。
 

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/68-b0ca03e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad