大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏像の見方(サライ/2008年17号)

サライtop_cover


【大特集】 如来、菩薩、明王...傑作・全146体一覧ー仏像の見方
■巻頭言 辻 惟雄 土偶に宿る自然や生命への畏れが、仏像に受け継がれる 

■第1部  刮目すべき彫りの技、みなぎる命
大仏師 運慶 万世不朽の仕事
運慶 その生涯と作品
運慶の仏像を「鑑定」する
大修理でわかった二王像の全容

■第2部  名作から読み解く、仏の種類や意味
永久保存版 仏像 基本のき  
【前編】
仏像の見方:如来、菩薩
私の好きな仏像(1) 滝田 栄
如来を囲む菩薩

【後編】
仏像の見方:明王、天、習合神・高僧
私の好きな仏像(2) 清水眞澄
掲載仏像の所蔵寺院一覧

■第3部  飛騨、岩手、小浜・湖北ー1泊2日 古仏巡礼の旅  

古仏巡礼の旅1  「円空仏」に会いに飛騨を旅する
1日目 下呂温泉合掌村~下呂温泉
2日目 高山市丹生川町~国府町

古仏巡礼の旅2  「毘沙門天」をみちのくに訪う
1日目 北上市~花巻温泉
2日目 花巻温泉~奥州市水沢区

古仏巡礼の旅3  「十一面観音」を訪ねて小浜・湖北へ
1日目 小浜市内
2日目 小浜市~湖北

仏像をより深く学ぶ旅道具

 サライを読む。最近のこの手の解説書のなかでは出色のものではないかと思う。巻頭言では、原始アニミズムとの関係で日本の仏像をみる、いわば日本における源流論からアプローチである。
 第1部の運慶・慶派については、下記のブログ「快慶」を参照。山本勉氏が登場している。第2部はいわゆるイコノグラフィー分類で、これは最近の主流ながら如来、菩薩、明王、天の4つに加えて、習合神・高僧を5番目に掲げている。 
 第3部:飛騨、岩手、小浜・湖北ー1泊2日 古仏巡礼の旅は、いかにもサライらしい旅提案だが、ここは、久野健氏らの「地方仏再考」路線を踏襲しており、野趣あふれる仏様が紹介されている。
 これが500円はお買い得。かつ、平易な解説ながら深みのある文章で「保存版」の名に恥じない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/86-0b03129a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad