大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

運慶

運慶

 芸術新潮 2009年 01月号 [雑誌] は運慶の特集である。もう30年以上も前になるが、学生の時に、当時の運慶の「確定」現存作はほとんど見てまわった。この特集をみて感慨を深くしたのは、その後の運慶作が随分と増加していることであり、この間の運慶研究が進んでいることを物語っている。
 わが国の彫刻家で、その足跡をかなり詳細にトレースできる大家は明治期以前でほとんどいない。そのなかにあって定朝と運慶、快慶はその存在自体がそびえ立つ「巨像」といってよいだろう。
 なかでも運慶は、写実性、男性的なエネルギーの躍動、工房としての生産性などからみて、その後の日本彫刻へ決定的な影響を与えている。奈良を訪れると奈良時代前後の彫刻に加えて慶派、とりわけ運慶、快慶の素晴らしい多くの彫像に圧倒される。
 それは南都復興という大事業を慶派が請け負い、その棟梁こそが運慶であったことと分けては考えられない。歴史的な大事業をまえに、天平彫刻を研究しつくし、そこに台頭する武家社会の時代の息吹を注入した仏師こそ運慶であった。
 一方、伝運慶といった糢糊作はあまた存在し、また、運慶作だからといって本当に名品かどうかは判断の難しい作品もある。自分にとっても気に入った作品ばかりではない。当時の慶派工房は、急ピッチでの多くの作業を要請され、それをこなしていくためには、高い生産性を要求されたに違いない。よって、運慶作のなかにも、どこまで運慶自身の鑿が入っているかは慎重に考えなければならない作品も多かろう。
 学生の時の研究テーマは運慶の東国下向問題であった。果たして運慶は鎌倉などの東国に自ら足を運んだかどうかという問題である。関東には運慶の秀作が多く残されている(本書でも多くの紹介がある)。しかし、この問題は未だ解決をみていないようだ。慶派の優れた仏師が関東に駐在(ないし在住)したことは間違いないだろうが、そこに短期間でも運慶自らがいたかどうかは依然として謎のようである。そのあたりも魅力の源泉かも知れない。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/95-c2e1a505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad